FC2ブログ

産まれました 。o○(゚ロ゚;) 

12/1 am 3:35 体重2962?、身長50?(ちょっとさば読み)の女の子を出産しました。ヨヘ立会出産です。朦朧としている状況だったので自分が書いていることが正しかったのかは定かではありませんが、とりあえず進行状況など書いてみたいと思います。

11/30 

15:30頃 10分ちょっと置きの陣痛始まる

16:00   ハハに病院まで送ってもらう。病院にて健診、「子宮口が3?開いているためそろそろ入院しましょうか」と言われる。

16:30   陣痛待機室にて陣痛を待つ  この頃の陣痛は本当の陣痛の痛さとは違ったことを後に知る。

     --17:30頃 ハハ帰る。(娘や他の妊婦さんの痛がる声を聞くのが辛くなってきた様子)--

18:00   陣痛待機室にて夕食(結構余裕で完食。)

19:00頃 食事によって体力が付いたのか、本格的な陣痛が始まる。3分おきくらいになる。たとえるならば生理痛の痛いのの100倍くらい痛い感じ。お腹の中から子宮にボーリングの玉を思いっきり押し出している感じ、その動きには誰も逆らえません・・・。

     --19:30頃、ヨヘママ到着--

20:00頃 陣痛の辛さを逃すために、股にクッション、身体の前にクッション2つ+枕を置き、よつんばいに近い状態で陣痛の痛さをしのぐ。(でもちょーーー痛い)この間、ヨヘママはやさしくマッサージをしてくれました。(ヨヘママが天使に見えました。)陣痛の合間は和やかな談笑。これ位の間隔なら耐えられるかな?と思う。

     -----21:00過ぎにヨヘ到着

21:00過   ヨヘ到着。ヨヘは私の陣痛の痛みの声に赤ちゃんが泣いているのかと錯覚したらしい。まぁ、普段出さない声を出して陣痛に耐えていたと言うことでしょう。しかし、ヨヘの顔を見たとたん、今までの緊張が抜け3分間隔の陣痛が遠のく。仕方なく陣痛を促すため100?程の廊下を歩こうと試みる。結果、50?付近にて陣痛再発。陣痛室に戻り本格的な陣痛に耐える心の準備をする。

23:30    陣痛激化。いて~~~。しゃれにならん。陣痛待機室から陣痛室に移動。ヨヘのひざを借りながら小一時間ほど陣痛に耐える。その後、ありえないくらいの激震があり朦朧としながら陣痛に耐える。(この間もなぜか陣痛がおさまっている時にヨヘとくだらない会話を繰り返す。)

12/01 

01:30    分娩室へ移動。ここら辺からあまり記憶がない。分娩室に移動し分娩台へ打ち上げられたまぐろのように乗せられる。フリースタイルの分娩だったので横向きでの分娩。陣痛が強まると足を助産師さんの肩にあげられるような体勢になる。もう駄目だと思い、言葉に出すと助産師さんより「あと1時間くらいだから頑張って!」と言われる。なかなか破水をしないままベイビーは頭が見える状況に。最後の最後で破水し、最終段階子供が産道を通る時、手を股の方に伸ばしたらベイビーの頭と耳に触れた。びっくり。

03:35    ベイビー出産。

 

なんだか淡々と書くと結構そんなもんかという感じですが、出産にいたるまではもう第二子はいらないかも・・・と思うくらい辛かったです。でも、やっぱり産んだ子を見ると産んでよかったと思うし、また次の子を産みたいなと思います。痛さなんかどこかへ行ってしまうんですよ。不思議ですね・・・。

今回の出産にあたり、一人で産んだのではなく、さまざまな人の支えがあって今、我が子にめぐり会えているのだなと思っています。陣痛の最中、疲れるのに背中をさすってくれたヨヘママや我が子のお産をかげながらサポートしてくれたハハ、そして陣痛で苦しんでいる私を元気付けサポートしてくれたヨヘ、生まれてきてくれた我が子、そのほかすべての人に感謝です。ありがとう!

 

これからは愛娘との生活がスタートします。その前に6日までは病院でママ研修頑張ります。

スポンサーサイト



| HOME |
Copyright © ヒビログ All Rights reserved.

プロフィール

omochi

Author:omochi
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード