FC2ブログ

1時間 

今日は幼稚園のプレで、初の1時間預かり保育でした。今までは長くて30分だったのですが、より早く親と離れた環境での保育に慣れてもらおうという配慮から1時間となりました。1時間半の保育となるのは11月以降だそうです。



幼稚園に向かう時から何か察知している様子のさえちん、「ママ、今日はお仕事(預かり保育))いくの?お話?さえちゃんもお付き合いする。」とママと一緒がいいのアピール。幼稚園が始まってからも、「ママ、おててつなごう。」と必死に一緒にいたいアピール。子供って本当に健気だなぁと感じました。預かり保育の時間になると、「ママのおはなし、お付き合いするの~。」としばし涙。「ママ、戻ってくるから、お友達と楽しく遊んでいてね。あとで何して遊んだのか教えてね。」と納得させて、さえちんを残して教室を去りました。



預かり保育終了後、部屋に戻ると、別れ際にないていた子供たちがお利口さんにいすに座って待っているではありませんか。ママ達が部屋に入ってきても、先生がいいよって言うまでいすに座っているように伝えられているのか、早く駆け寄りたい気持ちを抑えて座っている子供たち。涙が出そうになりました。だって、さえちんも私の顔を見るなりぱぁぁっとうれしそうな顔になっているんです。「あー、私ってしあわせものだなぁ」ってしみじみしちゃいました。



「ママの所に行っていいよ~。」



って先生が行ったとたんに、嬉しそうな顔で駆け寄ってきて、



「さえちゃん、頑張ったよ。お友達と仲良く遊べたよ。ぎゅーってしてね。」



って言ってくるさえちんのかわいいこと、かわいいこと。ハイ、親ばかですね。でも、本当に素直に気持ちを伝えてくれたことや、泣かなかったことなど、小さい子ながら頑張ったんだな~なんて。



寝る前にも、



「ママ、今日さえちゃん、幼稚園で頑張ったから、ぎゅーってしてくれる?」



って嬉しそうに近寄ってくるわが子を持って、私って幸せもの。



そのうち、幼稚園に行くことが当たり前になって、親と離れることなんて全然悲しい出来事ではなくなるのだから、こういう時期・気持ちを親子で共有できるって貴重なのかな。過保護とかではなくて、子供の小さな成長を感じとれるってなんだか嬉しい、そう思えた一日でした。

スポンサーサイト



| HOME |
Copyright © ヒビログ All Rights reserved.

プロフィール

omochi

Author:omochi
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード