FC2ブログ

なつかしの母校、はずかしの青春 

妹が母校の音楽の先生をやっていることもあって、10年ぶりに母校の文化祭に行ってきました。ちなみに私の母校は浦和明の星。小島奈津子さんとか栗原由香さんとかの出身校だったりします。私自身は落ちこぼれでしたが、お友達は優秀な方がおおいんですよ。・・・っていう前フリはいいとして。

風がふけば桶屋が儲かる・・・じゃなくて風が吹くとすぐに止まる武蔵野線で東浦和の駅へ。武蔵野線の中には多分明の星の文化祭にいくんだろうな~と思われるメンズがちらほら。私たちの時と変わらず、慶応志木やら早大本庄やらの子が多かったなぁ。いや~若いっていいね~なんて思いながら母校へ向かった訳です。

県内でも有名なミッションスクールなだけあって、やっぱり学校は綺麗だった!制服も変わってたけど、いまどきの高校生って感じの子は一人もいなくて、なんだか清楚でホノボノといった感じ。4年前から中高一貫になったから中学生もいて、変な感じでした。

わが妹はグリー部の顧問とやらをやっているらしく、多目的ホールとか言うところ(私たちの時には体育館だったところ)での発表を聞きに行きましたが、バトン部出身の私といたしましては、中庭でやっていたバトン部の発表がきになってしかたありませんでしたよ。当時と変わらず、ユニは青地に黄色でAkenohoshiと入っていたし、白のスコートに黄色のTシャツも変わっていなかったのが嬉しかったり。

先生にも沢山会えました。学生時代に聖書の授業を教えてくださっていた先生が教頭先生になっていたりしてびっくりもしたけど、当時担任だった先生は10年経った今も変わらずかわいらしかった。制服を改造して着ていたりした悪がきの私を覚えてもらえていたのも嬉しかったな。

当時は高校の友達は優等生っぽい子が多い印象があって、あんまり高校時代って楽しくなかったな~なんて思っていたけど、改めて高校に行ってみると、いい先生やいい友達、いい環境にめぐり合えていた自分に気づいたりして、高校も悪くないななんて思ったりしました。(でも、やっぱり遊べないから場所は嫌い。都心がいい。)

今度、小学校の同窓会もあることだし、それが一段落したら、高校の同窓会でもやろうかな。まずは2Bかな。

 

そうそう、高校のモットーは

Be Your best and truest self. (最善のあなたでありなさい。そして、最も真実なあなたでありなさい。)

でした。奥が深いことばだなぁ。今の自分はこれを実践できているかしら?・・・たぶん、大丈夫なはず。

スポンサーサイト



| HOME |
Copyright © ヒビログ All Rights reserved.

プロフィール

omochi

Author:omochi
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード